なにげに面倒くさい顔の産毛処理。できることなら顔も脱毛したいですよね。しかし、いちばんトラブルがあったら困る部位なので、なかなか踏み切れない方も多いのではないでしょうか?

今回は最大限にトラブルを起こさないように脱毛する方法を紹介します!

施術後は身体を温めないようにする

脱毛による皮膚の炎症は1~2日でおさまります。身体を温めることで炎症が悪化してしまう可能性があるため、施術をした当日は入浴や運動を避けるようにしましょう。下記の3点が施術後の肌の状態です。

・肌に熱がこもっている
・ 肌が乾燥しやすい
・雑菌が入りやすい

入浴は肌トラブルを招く可能性が高いため、 脱毛サロン側から施術をした当日は入浴をしないようにと言われることも多いです 。

照射部位の日焼けは避ける

照射した部位を日焼けしてしまうと、色素沈着が起こる可能性があります。 紫外線の影響をうけないようにするため【日中など紫外線の強い時間帯は外出をしない】 【日焼け止めや、 帽子・日傘を使う 】 というように日焼け対策をしましょう。 また、施術前の日焼けもNGです。日焼けした部分にレーザーが反応してしまうため、場合によっては施術を断られてしまいます。

希望どおりの予定で脱毛するためにも、徹底的に日焼け対策をしましょう。

アフターケアを忘れずにおこたらない

脱毛後の肌は乾燥していて敏感になっているため、 クリニックでも施術後に肌を冷やし、保湿ローションを塗ってくれますが、 その後もできるだけ早くアフターケアをしてあげることが大切です。

保湿ケアの方法は普段と同じように、化粧水→美容液→乳液の順番で大乗です。化粧水をたっぷりつけて しっかりと水分を補給し、保湿の力が高い乳液やクリームで油分を補いましょう。

肌の違和感を感じる前に、保湿ケアをおこない、未然に肌トラブルを防ぎましょう。